トイレで水漏れが発生したら素早い業者選びを!

急にトイレが水漏れすることがあるかもしれません。
これは、どこの家庭であっても全く同じことが言えます。
突然起こってしまうと動揺してしまいがちですが、こう言う時こそ冷静になって素早く修理業者を選んで修理してもらわなくてはなりません。
とは言うものの、たくさんあるためにどこに頼めば良いのかで悩んでしまいませんか。
まずは原因を自分で突き止めなる必要がありますが、どこに依頼するべきかの選び方について考えていきましょう。

突然トイレの水漏れをしても慌てないために、原因と修理業者の選び方についてご紹介

突然トイレの水漏れをしても慌てないために、原因と修理業者の選び方についてご紹介 トイレが水漏れしたら、まずはどこから漏れているのかを確認します。
それから止水栓を締めてください。
これをやらないとずっと水浸しになります。
どこから漏れているのかがわかっていないときちんと修理することもできなくなりますから、最初に確かめておきましょう。
トイレの修理業者の選び方ですが、まずは自宅が対応エリア内であることが大前提です。
そうではない場合は対応してもらえなくなるかもしれません。
また、受付時間も大事で、夜中にトイレの水漏れが起こった場合は対応していないところもありますので注意が必要です。
支払い方法が現金以外にもあるか、スピーディーな対応か資格や補償の有無や口コミの評判なども含めて選んでください。

トイレの水漏れの主な原因とその直し方について

トイレの水漏れの主な原因とその直し方について 日常生活において起こると困るのが、トイレの水漏れです。
この現象が起こる原因には何が挙げられるのでしょうか。
主な発生要因として考えられるのが、給水管の老朽化です。
給水管には、ナットやパッキンといった部品が備え付けられています。
これらが古くなってしまったり、緩くなったりすると水漏れが発生してしまいます。
業者に依頼する方法もありますが、これは1人でも修復できるのでやり方を覚えておきましょう。
はじめに交換用として新たなパッキンを用意します。
取り替える際には、マイナスドライバーやモンキーレンチも準備しましょう。
ゴム手袋と水漏れ用のバケツも持ってトイレで作業をスタートします。
給水管を外す前に、マイナスドライバーで止水栓を必ず閉めます。
水が溢れ出すのを防ぐためです。
また、水が漏れてくるところにバケツも置いておくといいでしょう。
給水管の接続部にあたるナットをモンキーレンチで外します。
中にパッキンがあるので、予め準備していたパッキンと取り替えましょう。
パッキンを交換したら、ナットをモンキーレンチで閉めます。
この際にナットが緩むと、同様に水が漏れてしまうので注意が必要です。
全部の作業が終わったら、止水栓を戻すようにします。

トイレの水漏れトラブルが起きたときは止水栓を閉じて応急処置

トイレにはタンクからの水漏れやつまりといったトラブルが起こりやすい水回りですが、これらのトラブルが起きると誰もがトイレの利用ができなくなるなど人によってはパニック状態になってしまうこともゼロとはいい切れません。真夜中にこのようなトラブルが起きたときなど依頼できる業者の数は限られていますし、自宅が対応エリアなら駆けつけて貰えても対応エリア外となったときには翌日の営業時間まで待たなければなりません。さらに、翌日が定休日ともなれば不安も大きくなりがちです。ただ、トイレの水漏れがタンク内からのもののときには、一時的に給水を止めることで応急処置が可能です。タンク内には給水管からの水が流れ込むようになっているけれども、便器の奥などには給水管に止水栓と呼ぶ蛇口のような役割を持つ部品が付いていて、これを閉じることでタンクに流れる水を止めることができます。元栓を閉じる方法もあるのですが、元栓の場合は全ての水回りへの給水を止めてしまうので止水栓を使うのがおすすめです。

排水管の劣化が原因でトイレの水漏れが起こることも

排水管が多く使われているトイレは、そこから水漏れが起こることがよくあります。他の箇所と同様に経年劣化が原因で水が漏れ出してしまうため、建ててからある程度年数の経過した住宅に使われているトイレなどは、まめにチェックしておくと良いでしょう。 なぜトイレの排水管から水漏れが起こるのかというと、サビが生じることで表面が傷んでしまうからです。当然ながら水が使われる場所ですから、水には強い素材が採用されています。例えば表面にはメッキを施すことで腐食が発生しにくいように処理がなされていますし、厚さのある素材を使うなどして亀裂が入りにくい工夫も見られます。 ですがこれらの配慮はあくまでも短いスパンで効果を想定しており、年月が経つにつれてその効果は次第に弱まっていきます。なので突然破損して水浸しにしてしまうといったトラブルを発生させる前に、普段からこれらの箇所について目を配っておくことが大切なのです。外側からでも十分なので、手で触れてヒビなどが発生していないかチェックしておきましょう。

トイレの水漏れは給水管の劣化が原因の可能性もあります

トイレを使っていると、水漏れを起こしてしまうことは珍しいことではなく、多くの事例で給水タンク内に原因があることが一般的です。ところが劣化を起こしているトイレの中には、配管に問題が起きている可能性があり、この場合は自力解決できる内容とそうではない内容に分かれます。配管は床下から給水管が接続されており、トイレ内では水栓タンクと接続をさせているものです。便器内ではなく床面に水溜まりが出来ているような現象では、その多くが配管の接続箇所の劣化が原因になることが多い傾向にあります。修理するには水栓タンクとの接続部分を取り外し、ゴムパッキンの交換だけで直せることが多いのですが、この部分ではない場合は十分に観察をしてみると給水管の一部分に穴が開いている可能性も否定できません。この場合は給水管の交換作業が必要とされるので、基本的には自力解決は難しい範囲になります。水回りのトラブルを解決する専門会社に依頼をすると、交換だけで済ませることができれば30分程度で直せる範囲なので水漏れはスピード解決できます。

トイレの水漏れが発生した際に把握しておくべき注意点

普段生活する中で水回りは欠かせない箇所であり、台所の他に洗面台や洗濯機の他にお風呂やトイレなどがあります。その中でもトイレは毎日使用する箇所であり、ないと生活する上で困る箇所の1つです。普段から掃除を行い清潔な状態で使う事が大切ですが、トラブルとして多くみられる症状の1つが水漏れです。タンクや排水管の他に床部分など様々な箇所から水が漏れてくる症状が発生する場合があります。実際に水が漏れてしまった場合は症状をしっかり把握した上で、適切な対応をする事が大切です。この時に必要になる注意点となるのが、自己処理ができるか出来ないかという点になります。ゴムパッキンの劣化やタンク部品の交換で改善できる場合は問題ありませんが、それ以上に症状が酷い場合は自己修理は難しい事も多いです。自分でできると無理に判断するのではなく、最悪の場合は専門の業者に依頼することもポイントとなります。無理に修理をするのではなく、できるかどうかを正しく判断する事がポイントです。

緩みやすいトイレの接続部分は水漏れの原因にも

トイレの水漏れは様々な原因が考えられます。中でもトイレの配管の接続部分は問題が生じやすい箇所であるため、定期的な点検が必要です。もし水滴が滴っているようであれば、そうした箇所からチェックすると良いでしょう。 なぜ接続部分から水漏れが起こりやすいのかというと、一体成型になっていないからです。通常は一体成型になっているパーツであれば、よほどの衝撃が加わらない限り破損することはありません。ですが別々のパーツを組み合わせて作られている箇所は、ちょっとした衝撃でも緩みやズレが発生してしまいます。そうするとその隙間から水が漏れてしまうというわけです。 これを防ぐには、一定期間ごとに接続されている箇所をチェックする方法が有効です。ズレや緩みは目で見てはっきりと確認できるというわけではありませんが、水が漏れ始めているとサビや水アカといった形で判別できるので、早めに対処することができます。普段からトイレのつなぎ目の部分をよく調べておくようにしてください。

トイレの水漏れは老朽化が原因になっていることも

トイレが水漏れしたら、緊急に対応しているサービスを利用するのが安心です。深夜や早朝でも受け付けている業者は多いですし、水漏れの量が多いとトイレが使えなかったり階下に迷惑がかかることがあります。応急処置で改善することもありますが、老朽化が原因になっている場合にはトイレ本体を交換する必要が出てくることがあるので注意が必要です。
トイレは設置した時期やモデルなどによっても耐久性は異なりますが、業者に依頼をして部品や本体の老朽化と言われた場合にはその部分を交換することになります。水が漏れている部分の修理はそれほど料金はかかりませんし、軽微な漏れなら交換になるケースは少ないです。
しかし、古いものであったり何らかの損傷がある場合には部品や本体の取り換え場必要なケースが出てきます。これは知識や経験がないとわかりにくいものですので、水が漏れているのを確認したらなるべく早めに専門業者に依頼をするようにしましょう。

トイレの水漏れや温水洗浄便座の故障が起きたなら

冬の寒い時期になると、温水洗浄便座が付いているトイレの存在は本当に助かります。もしこの機能が備わっていないと冬に冷たい便座に腰掛けて用を足さなければならないため、トイレカバーをわざわざ購入して取り付ける必要があります。ですがいくらカバーを取り付けても座った直後は当然冷たいままですし、用を足している間なかなか落ち着けないでしょう。
また洗浄機能の部分は、多くの人にとって大いに助かる存在です。例えばひどい痔に悩んでいてお尻が拭けない場合、この洗浄機能がすごく役立ちます。だからこそこの洗浄機能が壊れてしまうと、本当に困るという人がかなり多いのではないでしょうか。上手に温水が飛んでくれないと水漏れを起こし、床が水浸しになってしまうかもしれません。
これを解消するには専門の業者に依頼をし、修理をしたり温水洗浄便座ごと取り替えてもらうと良いです。できればこれまでに使っていた便座よりも高性能なものに取り替えると、自分だけでなく家族もきっと喜んでくれます。

トイレの水漏れでは便器交換が必要になることもある

トイレは水道トラブルが発生しやすい場所ですが、特に多いトラブルに水漏れがあります。水が漏れていると床も濡れてしまいますし、水道代も高くなる可能性があります。
まずはトイレのどの部分から漏れているのかを確認してみましょう。漏れている原因によれば、部品交換などの簡単な作業で済むこともあります。自分で交換できる部品なら、購入費用だけで済むので修理代も安くなります。
便器に固いものが当たるとひび割れが発生し、そこから水漏れすることもあります。軽度なひび割れなら補修で対応することもできますが、ひびは少しずつ広がっていきます。そうなると便器交換も考えていく必要があります。
便器交換については、素人が簡単にできるものではありません。このような場合は専門業者に依頼する方が無難です。地元の水道業者や水道トラブルを専門に扱う業者などが対応していますので、早めに連絡をしましょう。便器も様々な種類がありますので、どのようなタイプに交換するのかも考えたいところです。

トイレの水漏れに対する対処法にはどのようなものがあるか

トイレが水漏れしてしまった場合には、業者を呼ぶ前にとりあえず応急処置を行います。応急処置としては、まずウォッシュレットや便座暖房機能のあるトイレの場合には、安全のために電源コードを抜き、水に濡れない位置に置いておきます。続いて床下浸水を防ぐためにタオルなどで水をふき取り、これ以上水が出ないようにトイレの止水栓をしめます。なお、止水栓は壁に取りつけられているタイプのものや床についているタイプのものもあります。最後にさらに被害を増やさないために、便器の中の水を汲み出します。汲出しには、バケツと給油ポンプがあると便利ですが、なければペットボトルでも代用可能です。
以上のように、トイレの水が漏れてしまった場合の対処法としては、とりあえず応急処置を行ってから専門の業者を呼びます。一時的であれば簡易的な水漏れ防止グッズで対応可能ですが、床下が腐敗している可能性もあるのでやはり専門家に依頼するのがお勧めです。

トイレの水漏れが起こったら止水栓を閉じることが大切

トイレの水漏れは様々な箇所で発生しますが、どのような症状であってもまず止水栓を閉じることが大切です。止水栓は、水流を止めたり水量を調整したりするための水栓で、水道管の途中に設置されています。水漏れを放置すると水道代が高くなる上に、床が水だらけになって腐敗する恐れがあるため、どのような対処をするにしても最初に止水栓を閉じることが重要です。
止水栓は、貯水タンク付近の壁や床に設置されていることが多く、マイナス溝のタイプであればドライバーなどで右回しに、ハンドルタイプであれば手で右回しにすれば閉まります。タンクレストイレの場合は便器内に設けられていることがあるので、見当たらない場合はカバーを外してみましょう。
なお、止水栓から水が漏れている場合や、止水栓が見当たらない・固くて回せない場合は、家全体の元栓を閉めてください。元栓は、戸建てであれば水道メーター付近、集合住宅では玄関横のパイプシャフト内に設けられているのが一般的です。

フロートによるトイレの水漏れ修理は自分でもできるが、プロがお勧め

水洗トイレは水で汚物を流すのですが、給水方法には直圧式とタンク式の2種類があります。直圧式は給水ポンプを使うもので流す度にポンプが作動し給水管に圧力がかかってます。タンク式はロータンクと呼ばれるものに一定量の水を溜めて、流すごとに水が補充されます。 タンク式の内部にはフロートという浮き球が入っていて、水が溜まるにつれて浮き上がり、浮力の力で弁が作動し水が止まるようになっています。長年使用しているとパッキンが硬化したり、フロートによる止水が弱ったりして水漏れが発生する事があります。 フロートによる水漏れは、便器内にチョロチョロと流れっぱなしになりますので、発見しやすいです。現代ではホームセンターのトイレ機器コーナーも充実していますので、DIYで修理する事もできますが、毎日使用するものですので、専門業者に修理を依頼するのがお勧めです。インターネットで修理業者は数多く検索できますが、中には悪徳業者に高額請求されたという声もありますので、レビューや口コミを確認するのが良いでしょう。

トイレの便器内に流れる水漏れの主な原因はいくつかあります

トイレの水漏れで多い現象には、便器内に少量の水がいつまでも止まることなく流れ続ける現象があります。主な原因は背面に設置をしている給水タンク内にあることが多く、蓋を開けて確認すべきパーツはいくつも想定できます。まずはオーバーフロー管といって、底部から水面の上まで伸びている円筒状のパーツがありますが、適正となる水位を記している箇所があります。この範囲の水位を超えている場合では、浮き球が原因の場合とボールタップの故障が疑われます。浮き球は手で触れて確認をすると、他のパーツと接触していないかどうか、穴が開いていないかどうかの確認が必須です。次にボールチェーンの引っ掛かりも原因になることがあり、ボールチェーンは誰でも直ぐに見て判断できるのでトイレの修理としては非常に簡単です。オーバーフロー管の水位が適切なのに水漏れを起こしている場合、水栓タンク内の底面に設置をしているゴムフロートが主な原因になることが多い傾向にあります。間に異物が挟まっている事例や、老朽化によってひび割れを起こしているなど完全に密閉できていない場合に起きるので交換作業が必要です。

トイレの水漏れの原因の中には亀裂が問題の事例もあります

トイレの水漏れの場合は、多くの事例でロータンク内のパーツの破損が原因となっていることが多い傾向にあります。ロータンク内の点検すべき箇所は多数あるものの、亀裂が原因となっている事例もあるので、まずは底面に設置されているフロートバルブを確認することが必要です。このパーツはゴム製になるので、老朽化によりひび割れが起きてしまい、完全に密閉できないことが原因の可能性があるので確認は必須です。問題がなければ白色の浮き球を点検し、ひび割れが起きている場合は浮き球の内部に水が入り込んでいるので、直ぐに判断することができるパーツです。フロートバルブも浮き球もホームセンターで販売されているので交換することでトイレの修理は簡単に行えます。次に垂直に伸びている樹脂製のオーバーフロー管も点検すべきパーツになり、亀裂が入っている箇所があれば、本来であれば適切な水位を保つ機能がありながらも、機能性を失っているのでやはりパーツ交換で直す方法が必須です。

床にたまるトイレの水漏れは接続箇所の緩みか破損が原因です

トイレの水漏れの現象の中には、床面に水溜まりが出来てしまうことも実際に起きています。この症状は給水管とロータンク内のボールタップとの接続箇所が緩んでいる可能性があるので、六角レンチなどを使って締め付ける方法で簡単に直せる可能性はあります。機種による違いはありますが、金属製ではなく樹脂製のパーツを採用している場合、トイレの水漏れで給水管との接続箇所の場合、ひび割れなど破損をしている可能性があるので、目視で確認をすることで直ぐに判断できます。この対応策は同じ素材で同じ規格の締め付けナットを購入することが必要になるので、お近くにホームセンターがあるような方であれば、止水栓を閉めてからナットを外してホームセンターに持ちこんで同じナットを購入することで解決することは簡単です。もしもお近くにホームセンターが無かったり、修理までの応急処置が必要な場合、少量であればタオルを巻き付けて洗面器などを床に置いて、上手く水を誘導させる方法があります。

自宅のトイレの水漏れを自分で修理するメリットとは

家の中ではいくつもの場所を利用するはずですが、その中でもトイレほど助かる場所はないのではないでしょうか。人は毎日必ず排泄物を出さないと生きていけない生き物ですし、それを実行できる場所は本当に大切です。良い香りの芳香剤や使いやすいトイレットペーパーを用意したり、読書や音楽鑑賞ができる環境を整えておくと良いかもしれません。 ですがせっかくのトイレタイムも、水漏れが起こると台無しです。毎日のように水を流さないといけないので、パイプの部分が詰まるのも仕方のないことです。しかしそのままにしておくことはできないので、なるべく早く対策を実行すると良いです。 ただし特定の会社に依頼をするのは意外とお金がかかるので、なるべく自分で修理してみてください。最寄りのスーパーマーケットやドラッグストア、ホームセンターなどには様々な補修グッズが手頃な価格で売られていますし、いつでも入手できるのがとてもありがたいです。もしトイレのパイプに水漏れが生じたなら、すぐに近くの店舗へ購入しに行きましょう。

トイレのつまりはここに相談を!

トイレ つまり 松山市

新着情報

◎2023/11/15

情報を更新しました。
>フロートによるトイレの水漏れ修理は自分でもできるが、プロがお勧め
>トイレの便器内に流れる水漏れの主な原因はいくつかあります
>トイレの水漏れの原因の中には亀裂が問題の事例もあります
>床にたまるトイレの水漏れは接続箇所の緩みか破損が原因です
>自宅のトイレの水漏れを自分で修理するメリットとは

◎2023/3/16

情報を追加しました。


>トイレの水漏れは老朽化が原因になっていることも
>トイレの水漏れや温水洗浄便座の故障が起きたなら
>トイレの水漏れでは便器交換が必要になることもある
>トイレの水漏れに対する対処法にはどのようなものがあるか
>トイレの水漏れが起こったら止水栓を閉じることが大切

◎2022/5/30

情報を更新しました。
>トイレの水漏れトラブルが起きたときは止水栓を閉じて応急処置
>排水管の劣化が原因でトイレの水漏れが起こることも
>トイレの水漏れは給水管の劣化が原因の可能性もあります
>トイレの水漏れが発生した際に把握しておくべき注意点
>緩みやすいトイレの接続部分は水漏れの原因にも

◎2021/11/30

サイトを公開しました